Service

自分誌とか自分史とかいうやつ

自分誌づくりをお手伝いします

自分とは何だったのか。…65歳を越えたら振り返る、自分の足跡。

自分の人生を振り返り、あなたの生き様を大切な家族に引き継ぐための「自分年表」づくりから「老い支度」をはじめてはいかがですか。
精神的・身体的にまだ安定している今のうちから、ぜひ始めてください。


 
定年退職金婚式還暦・喜寿を迎えた時など、人生の節目を迎えた時がチャンスです。
ご自身のこれまでの足跡を振り返ってみましょう。

「さぁ、思い出してみよう」としても、パッと思いつくような記憶はそう出て来ないものです。

そんなときに、思い出したい年の 流行歌や、世の中を賑わせた 事件などと共に当時の自分を振り返ると、スルスルっと当時の記憶が甦ってくることがあります。
 

 

昔の アルバムをお持ちの方、あなたはラッキーです。
 
当時の風景とともに、あなたやご家族、仲間、クラスメイトなどが写っているはずです。
 
人によっては8ミリ映写機のフィルムを大切に保管されているかもしれません。

平成になると家庭用ビデオカメラも普及しましたね。
 

 
オープンリールの録音テープや、カセットテープなどに、まだ若い頃の懐かしい声やあなたの稚拙なハーモニカ演奏などが残っているかもしれません。
もう再生装置が手元に残ってなくても、まだなんとかデジタル化できます。(でも、ずいぶんギリギリになってきました)
昭和の名車を修理再生して、自力走行できるようにするTV番組もありますね。
 

この世に生まれて以来、あの当時の できごとを下敷きに、懐かしい 写真(人によっては動画・音声)とあなたの 記憶を重ねると、あなたが歩んできた 人生が、 年表のように浮かび上がってきます。

65歳になったら、思い出のアルバムを探し出してきて、一枚ずつ見返してみてください。
これが「自分年表」づくりのスタートになるはずです。